ミンコタ アイパイロット(RT55SP/I-Pilot)の購入先徹底分析

考察i-Pilot

合計:7685 今日:1 昨日:2

◆考察I-Pilot


2017年Newモデル SP/BTは絶不調、絶不人気で販売実績ゼロ

2017年NewモデルのSP/BlueToothが2016年11月発売されて14ヶ月が過ぎようとしていますが、「全員の方が2016年モデル希望」で、誰一人として、Newモデルについて質問も無ければ購入希望の方がいません。これだけ人気が無いのも珍しいですね。ボート仲間がほしいと思っている初代のSpotLockのような機能が追加されたのであれば購入希望者殺到だと思いますが、SpotLockの少しの精度UPや通信方式、リモコンの形状と機能の変更、ヘッド部やサイドカバーの形状変更だけで、値下げならばともかく、「さらに値上げ」とくれば、私のボートにも必要性は感じないですし、「現状のI-Pilotで十分」なので私も購入したいと思いません。と言う事で購入希望の方はいないでしょうね。残念なことですが仕方が無いですね。これでは売れないとわかっていて、輸入販売意欲はおろか、海上実験やマニュアルの翻訳意欲も失せてしまいます。USA製品は改良=値上げという考え方なので困ったものです。Newモデルの今後の進め方はどうするかな~悩みますね~!今の所はやはり様子見しながら今年1年かけてボチボチと検討していく予定です。でも購入者がいなければ徒労になるし。。。迷うところです。

◆ ミンコタ I-Pilot 発売時の考察

旧型のRT55APからI-Pilotの改造は中止致しました。

  • 旧型(扁平コネクタ)は最も新しい物でも6年前となり、せっかく高価なI-Pilotを取付けても他の部品が故障する可能性が大きいので中止致しました。

I-Pilot 2011年度 受注オーダーにて取扱い中

  • 2010年は様子を見て特に大きな問題が無ければ2011年から正式に取扱い予定です。現時点では大きな問題は発生していないようですがUSA製品はいい加減な所が有りますので慎重に判断すべきです。
  • 今の所 I-Pilot の品質状況が不明ですので部品単品でのお譲りは考えていません。といいますのは私が初期確認をして不具合があれば返品可能ですが一般ユーザーに渡ってから不具合があっても返品ができないからです。
  • 基本的には今後RT55SP購入者のみ I-Pilot に改造可とします。
  • RT55SP/I-Pilot48” となります。(AP基盤とCopilotは付属しません)
  • ご希望の方は購入はこちら欄より、ご予約下さい。

<2010年7月更新>

USAに確認してみた所、私の想像した通りUSAでもあまり見かけないので少し様子を見た方が良いとの回答でした。またアイフォン新型でも結構問題が多いので新製品は最低1年は様子を見た方が良いとの事でした。USAでは西海岸では小型ボートは不向きですし東海岸でも海上での実績確認は不向きと思うのですが・・・ミンコタ社は五大湖の近くですので五大湖では確認可能ですが・・・!潮流が無いですね・・・!意味があるのかな~!やはり、今一信頼できるまでには時間がかかると思います。私のミンコタ仲間は今の所、予算的に余裕のある方を除き様子見とする事が賢明な判断と思います。

<2010年6月更新>

私より本体購入の方で信頼できる方がI-PilotをUSAにて購入されるそうです。信頼性評価を御願いしましたので、評価結果は今しばらくお待ち下さい。いろんな条件化にての評価結果は年末位になると思います。

<2010年5月更新>

新製品のI-Pilot購入についての問合せが数件ありますので、私なりの考えを説明しています。GPSによるクルーズドシステム、ピンポイントシステム・・・等我々ユーザーの興味をそそる文面が書かれていますし、すでに日本の一部業者さんでも販売されているようです。私としては余りお勧めできませんが初物好きで金銭的に余裕がある方は、ご自由にどうぞ!と回答しています。
ミンコタ自体が高価な商品ですし、STシリーズ同様に、さらに高価になりますし修理は不可能ですので止めておいた方が無難と考えます!

  • 日本では、まだ実績の無い商品である事(USAでも実績があるとは考えられません!)
  • 故障した時はAssy交換ですので修理は不可能である事!
  • 日本販売価格 税込¥60,900と高価な事!
     ・現在は円高ですが、円安になれば、この価格では持たないでしょう!
  • ピンポイントと言いましてもリニアにモータを制御できるのであれば信頼性は高いかな?と考えますがCopilotと同じくステップ制御のようですので信頼性は今一と考えざるを得ません。
  • 潮流の変化や急激な風の変化に対して対応可能か疑問に思います。
    ・オートパイロットにしても反応は遅い為、これが改善されたとは考えられません。
    ・反応を早くすれば急に変化すると危険ですので今後も改善はできないと考えます。
  • 日本の業者さんも販売前に実際に海上で実験してから販売すべきと考えます。

結論ですが
現時点で私はI-Pilotを輸入してミンコタ仲間の方にお譲りする事は考えていません。金銭的に余裕がある方に購入頂いて日本の海上でしっかり実験してもらい''本当にGoodな商品であれば、それなりにNETでも紹介されるでしょう。それからでも遅くは無いと判断していますが、余り期待していないというのが本音です!特にUSA製品は、いい加減な所が有りますのでメーカー記載を全面的に信用するのは注意が必要と考えています。

トップページへ戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional